最新情報

2012年5月8日レビュー
強奪された金を取り返すために
2012年4月11日レビュー
三馬鹿の語る仁義と筋
2012年4月6日レビュー
デュランの生い立ち
2012年4月5日レビュー
ラタトスクの反撃
2012年4月4日レビュー
異人の危惧するもの

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

ひぐらしの鳴く頃に

雛見沢村という、全人口2000人くらいの小さな田舎の地を舞台としたオムニバスアニメーション「ひぐらしの鳴く頃に」。主なキャラクターは、都会から父の仕事の都合で転居してきた「前原圭一」、同い年の同級生「竜宮レナ」、一つ上でクラスのリーダー的存在である「園崎魅音」、神社の一人娘で巫女の「古手梨花」、梨花の同居人「北条沙都子」という、男性1名、女性4名の5人を巡り、それぞれを主人公にした一連の物語で展開される。

ごくごく平凡な田舎の日常を描いた作品、だと思っていたのだが・・・。それは誤りだった。実際、当作品に出演するキャラクターは、タッチが今風の美少女風で、で成り立っており、男性の立場からすると羨ましい限りの構成。女の子の方も粒ぞろいで可愛く、グループ唯一の男性を巡る、お決まりの青春ラブストーリーを予感させる展開だと思うのも束の間、背筋が凍りつく状況が待ち受けるストーリーへと発展する。それはあまりにも突然で、そして恐怖すら感じる光景。それまで、このグループに入りたいなどと考えていたことが、一瞬で覆される瞬間だ。どんなオカルト作品よりも、この一瞬の恐怖だけなら当作品を超えるものはないかもしれない。恐怖体験をしたい方にはお勧めの長編アニメーション作品である。

タグ

2011年10月31日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:レビュー

強奪された金を取り返すために

東横からの情報を手に入れた侍は、一度黒生家の屋敷へと向かったのだった。
すると、門の前には坪八が部下を引き連れて立っていた。
侍は、鉄道のレールの上に簀巻きにされて置いて行かれた恨みを晴らさんと近づいていく。
すると、坪八は侍が生きていたことに驚くが何の用だ!と強気な姿勢を崩さない。
侍は、坪八に詰め寄り奪った金を返せと迫るのだった。
すると、坪八は返してほしければ自力で取り戻して見ろ!と刀を抜き放つのだった。
DRAGONS DOGMA
さて、赤玉党のイベントを時刻イベントだけで進めていくとなると。
この昼型は、とくに時刻進行イベントがないので黒生家に敵対勢力としてイベントを起こすか。
もしくは、関係のない宿場でイベントを起こす必要が出てくる。
そして、最初に簀巻きにされた時のみ限定的に坪八から金を取り返すというイベントがあるのだ。
これは、別に起こしても起こさなくてもいいし。
ゲーム開始時にしか起こらないイベントということで、とられる金額は5円だけなので。
とくにわざわざ取り返す必要もないのだが、簀巻き状態になったイベントを最初に起こしておかないと見ることができないイベントなので。
せっかくだから、このサブイベントも起こしておくといいだろう。

タグ

2012年5月8日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:レビュー

三馬鹿の語る仁義と筋

自分たちを止めに入る侍に気付いた三馬鹿たちは、兄貴!と驚いたような様子を見せるのだが。
三馬鹿たちは、兄貴とは言え邪魔しないでくだせぇと言いだし。
これは、自分たちの仕事なんでと言い返して来るのだった。
不満そうな様子で、やめる気のない三馬鹿たちはさらに。
筋を通さない野郎には、ヤクザ者の仁義ってやつを教えてやらなきゃいけねぇんでさぁ!と。
いかにも、自分たちが正しく筋の通ったことをしていと言わんばかりの言葉を発する。
スパロボ 再世 攻略wiki
当然ながら、かすみルートに入るためにはヤクザたちとの信頼関係も必要なのだが。
それと同時に、イベントなどで町人に対して優しく接しておかないとかすみからの信頼を受けることができない。
そうなると、自動的にかすみ編へのルートが繋がらなくなってしまうのでその辺は選択肢を意識して選ぼう。
当然ながら、ここで止めるどころか取り立てを手伝おうものならば保野がやってきて厄介なことになる。
そして、自動的にここでかすみ編への道が閉ざされてしまうので選択肢は間違ってしまわないように気をつけよう。
しかし、この三馬鹿チンピラが仁義だの筋だのを語るのは何ともアホらしいとか笑けてくるものがあるな。
お前らのは仁義じゃなくてただのカツアゲだろうに。

タグ

2012年4月11日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:レビュー

デュランの生い立ち

そして、その後に体を悪くした母親までも亡くなってしまい。
それからは母シモーヌの姉、ステラのもとに兄妹一緒に引き取られたのだ。
物心ついた時から父親はいなかったものの、父親の血を引いているからから剣術においては。
国の兵士たちの若手の中ではトップクラスの実力を持っていた。
そんなデュランは、父と同じようにフォルセナ国の兵士として英雄王に仕えるようになった。
剣術大会に優勝した夜、いつものように城の見張りを眠いのを我慢しながら遂行していた。
マジゲート
すぐにでもマジゲートの攻略情報が欲しいならこちらのサイトへ
いきなり、両親を亡くして伯母の家で育つという壮絶な過去をあっさりと暴露されて笑った。
いま思ったけど、聖剣伝説シリーズのキャラクターは何かと身内が死んでることが多いんだよな。
ちなみに、聖剣伝説3のキャラクターの6人のうち一人を除けば全員が親のどちらかが死んでおり。
両親とも亡くなっているのは6人中、4人と非常に多い。
デュランもその中の一人ではあるのだが、寧ろ父親を尊敬しているような風体がよく見られる。
国一番の剣士っていう肩書が最初からあるのはちょっと珍しいけど、それはそれで王道的な展開でもあるからいいのかな?
国一番だけど、上には上がいることを知って世界の広さを感じるみたいな感じのストーリー展開になっていくのかな。

タグ

2012年4月6日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:レビュー

ラタトスクの反撃

ジュードは、つまりエミルとしての人格に戻ることができなくなってしまうということなんだと宣告する。
エミルは、衝撃の事実を受け自分が自分に戻れなくなる?と復唱し信じられないというように呟く。
すると、マルタがそんなのダメだよ!エミルはエミルなんだから!と声を上げる。
すると、ミラは心配ないと二人を安心させると特殊な魔術で精製した腕輪を持ってきたと言うのだ。
その腕輪を付けていれば、エミルはもうラタトスクの人格に入れ替わることはないのだとか。
http://xn--wiki-4m4c9ab2j0c0mua3hue.net/
iPhoneアプリ「パズル&ドラゴンズ」の攻略wiki
エミルが、エミルとしての人格を失ってラタトスクに完全に体がなり変ってしまうってところも。
本編の流れを踏襲しているな、最も本編の場合はエミルの人格というのもラタトスクが後から作りだした物だしな。
だけど、こっちは話の流れからすると普通の人間の少年のエミルの本来の人格が消されようとしているというわけか。
まあ、前者であったとしてもそれをマルタが黙って見過ごすわけがないし。
後者だったら、余計にそんなことを許容できるわけはないわな。
だけど、そこでいきなりミラが解決策を持ってきてくれたというのにはちょっとびっくり。
いくらストーリーを短めにしているからと言って、その展開は早すぎるだろう。
と思ったら、まさかのラタトスク出現というびっくり展開。

タグ

2012年4月5日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:レビュー

異人の危惧するもの

天原の町を探し回っていると、腰に西洋の剣を刺した異人が大手門にいるのを発見したのだった。
侍がその男に近づいてみると、異人はカタコトの日本語で。
お主、ずいぶんこの天原の町民に肩入れをしているようだなと言ってくるのだった。
おかげで、この天原は平和を取り戻しつつあると礼の言葉とも思える言葉を口にする異人。
異人は、それはいいが、ただ自分が危惧しているのは。
お主の中に眠っている狂犬のごとき侍の血だというのだ。
モバゲー ラグナブレイクwiki
というわけで、狂犬イベントのキーキャラクターは大手門にいるのだ。
しかも、どんな風貌をしているかと思えばまさかの異人モブグラのキャラクターという超意外な展開。
ちなみに、その異人が指している西洋風の剣が今回狙っているレア刀になるのだが。
その刀の風貌は、どっからどうみても侍道1に出てきた玉川の固有武器であるニイタカヤマだ。
ただし、侍道2にはニイタカヤマという刀ではないので名称的には全く別物である。
さて、いきなりカタコトの外人が天原に平和が取り戻りつつあることを侍のおかげだとほめてくるというわけのわからん展開に。
あれあれ、かと思いきや侍を狂犬呼ばわりしてくる始末。
おいおい、狂犬はアンタじゃないのかよという感じ。

タグ

2012年4月4日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:レビュー

かすみVS刈部

かすみは、刈部のそんな馬鹿にしたような言葉にも。
確かに、今の自分ではまだ手に余るものかもしれないね、とうなずく。
しかし、それでもかすみは自分の物を取られて黙っていられるほどお人好しじゃないんだよ!と強い語調で言葉を返すのだった。
そのまま、かすみも武器を構えて刈部へと斬りかかっていくのだった。
互いに剣をぶつけ合い斬り結び、一進一退の攻防を続けていたが。
わずかにかすみの方が力が上回り、刈部を打ち負かすのだった。
戦国武将姫 MURAMASA まとめ
二人とも、実に真剣に話し合ってくれるのはいいんだけどさ。
かすみが探してる物は香炉、んで刈部が手に入れようとしているのは高炉。
二人とも全然違うものをそれぞれ求めているんですけどね(笑)
せっかくの格好いいやり取りも、そもそも勘違いで起こってる戦いなんだから、逆に間抜けに見えてくる。
刈部としては何のこっちゃだろうな、自分の物を取られて黙ってられるとか言ってるけど。
あれ、高炉って元々黒生家の物じゃね?みたいな。
まあ、刈部ならごちゃごちゃいうな!力勝負で決めようぜ!みたいな感じで襲ってくる人だと思うけど。
刈部は、二刀構えなので動きが若干鈍めだから防御で捌きを狙って必殺をガンガンたたきこんでいくと楽かもしれない。

タグ

2012年3月27日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:レビュー

侍を見直した医者

弦庵は、侍とはいってもいざとなればだらしないものだと言うが。
しかし、それでもあの男をほうり出さなかったことは褒めてやろうと少しばかり侍を認めるようなことを口にする。
ああ見えてもあの男は、手当てが遅れてしまっていたら命が危ういところだったらしい。
名無しっこに、よく此処まで連れてきてくれたと褒めるのだが。
しかし、名無しっこが状況と症状を詳しく伝えることが出来ていたら。
そっちの侍でも手当が出来たかも知れないという。
オペレーションラクーンシティ
そりゃまあ、医療なんか携わったことがなければそうなるわな。
っていうか、傍目から見ると寧ろ侍はかなり落ち着いていたように思えるんだけど。
とりあえず、名無しっこの書いていた解読不可能な謎の絵を冷静に分析するくらいの冷静さはあったと思う。
だけど、弦庵も今回の事で少なくとも主人公の侍の事だけは見直してくれたみたいだ。
名無しっこは、天風でかむろとして下働きをしているみたいだけど。
この診療所でも手伝いをしているのかな?だから千代と面識があったのかもしれない。
まあ、実際の所は症状と状況が分かったところで侍に手当てが出来たかどうかは微妙な所だが。
とりあえず、やっぱり子供の描く絵だけでは状況は伝わらないわな、そりゃそうだ。

タグ

2012年3月26日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:レビュー

信之助からの預かり物

引き続き、侍は実利城にいるであろう祐馬を救うために藤森の侍たちを切り倒しながら天守閣へと向かう。
すると、天守閣の前で信之助と遭遇するのだった。
信之助は、侍の登場に驚きお主は…!と声を上げる。
そして、桜花党の連中はこの先だと天守閣のほうを指す。
そして、信之助は侍に桐江にいちゃもんをつけられた時の桜花党の家紋が入った小箱を私。
これをお主に託すというと、侍に祐間の事を頼むぞと言ってその場と後にするのだった。
無料GREEコイン
おや、信之助はすでに捕縛されてるのかと思ったらまだ結構自由にやってたのね。
主膳が、獅子身中の虫をそろそろ取り除くとか言ってたのは一体どうしたんだろうか。
先に桜花党のほうを片づけてから、という意味だったのか。
それとも、獅子身中の虫というのは桜花党を指しての言葉だったのか。
後者だったとしたら、まだ信之助の裏切りには気づいていないということなのか?
とにかく、どっちにしろ信之助から一緒に桜井家のために戦うという意思表示の証を受け取ることができたな。
ちなみに、このイベントが起きてないと大団円ルートには入れないということなので。
これも、前の朽葉ヶ原のイベントと同様にちゃんと大団円ルートに入れるようになってるかのチェックができるイベントだ。

タグ

2012年3月23日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:レビュー

アークデーモンの能力アップ

アークデーモンへの猛攻をホークアイやリースが加え続けていくと、次第にアークデーモンのダメージが蓄積していく。
すると、今度はアークデーモンが自分の攻撃力をアップさせるパワーアップの魔法を使ってくるのだった。
更に、今度は防御力をアップさせるプロテクトアップの魔法を使ってくる。
こちらの攻撃が通らないようにしながら、かつ物理攻撃である地霊刀やデモンスクリームの威力を高めて激しい攻撃を繰り出してくるのだった。
バイオリベーション
アークデーモンも、他のラスボスと同じくHPが減ってくると今度はHP割合に合わせたカウンター魔法を使ってくる。
それも、他のラスボスと同じく必ずパワーアップとプロテクトアップだ。
こればっかりは、普通にかなり深刻な状況になりかねないので。
使ってきたら即座にアンティマジックを使って元に戻してやろう。
元々、属性耐性のせいでプロテクトダウンは効かないのでアンティマジックで上昇した数値を元に戻してやった方がマシだ。
ただ、水の攻撃は普通に通るので水遁の術やパワーダウンを使ってこちらだけは下げることができる。
どっちみち、プロテクトダウンはもっと面倒なことになるので他のダウン魔法を使えないのを覚悟でアンティマジックの方が合理的だ。

タグ

2012年3月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:レビュー

かすみの襲名披露、町を出る侍

侍は、かすみの襲名披露の最中でもあるにもかかわらず。
入口で噂をしていたヤクザたちに、自分はもうこの町を出ようと思うという言葉を返すのだった。
すると、ヤクザたちも侍の事を頼りにしているのか、そんな…!とショックを受けた様子を見せるのだった。
ヤクザたちは、なんとか侍を引きとめようと。
かすみお嬢さんには、まだまだ侍アニキの力が必要ですぜと声をかけるのだった。
しかし、侍の意思は固いのか侍はそのまま天原を後にする。
ポケモン+ノブナガの野望
さて、ここからは一つずつバッドエンディングを紹介していこう。
まず紹介するのは、二種類存在しているかすみルートのバッドエンディングから紹介していこう。
まずは、かすみの襲名披露イベントを見てからヤクザたちの質問に対してこの町を出ようという選択をした場合だ。
このエンディングは、襲名披露を見ずに討ち入り後から30日まで青門組の屋敷へと行かなくても同じエンディングになる。
恐らく、侍道2のエンディングの中でも特に後味の悪い凄まじいエンディングなので。
筆者個人的には、非常に重たい気分にさせられるストーリーだと思っている。
さて、京次郎をほったらかしてこの町を出て行くとどうなるのかというのが疑問なところですなぁ。

タグ

2012年3月16日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:レビュー

このページの先頭へ